結婚に余分な心配は自分から持ち込まなくていいんですよ。

結婚生活で一番多いトラブルが嫁姑問題と言われてましたが、
今では必ずついてくる「老い」⇒「介護」のようですよ。
恋愛最初から、家族が見える付き合いってないですよね?
今はご両親も若い世代も多いので、「私たちも人生楽しんでるから心配しなくて大丈夫よ~」って思っているでしょうが、
確実に私たちは老いに向かっているのです。そのいつか~は誰にも分りませんからね。

お見合いは最初からお相手が長男なのか、兄弟がどういう状況なのかも解って出会います。
ただ、この状況が見える~ということがかえって出会いを狭くしている原因でもあるのですが・・・

それでも、恋愛結婚は条件が後からついてくるわけで、親のことはあとでいいか~みたいな
幸せな今の時期に考えなくてもいいよねってなるのでしょうね。

一方でお見合いは、入り口こそ最初にネックポイントが見えているだけに中々入っていけませんが、
結婚が決まるということはお互いに解決策を見つけているわけで、そうなりますと進むのも早い!

何十年たって、現実に「親の介護」や「老い」がやってきても心構えが出来ていると出来ていないでは
自分たちの人生の楽しみ方も違ってきますからね。

何をお伝えしたいのかといいますと、
もし今お付き合いやお見合いでその先を考える人がいる方で、同時に親の介護の問題がやってきている方・・・
どうぞあなたの幸せを「諦めないで!」くださいね。

毎日のように介護についての悲しい話がありますが、
そのほとんどが「孤立」した方におこっているのです。
愛する人がいたのに、先の不安や親を一番に考えて諦めた人生・・・

キラキラ輝く人生を送っていた、送るはずだった娘や息子が
「やりきった。次は自分の人生を」と思った時に、
灰色のような姿になっていたら、ご両親は幸せだったのでしょうか・・・

「人」という字がお互いを支えあっているように、
「夫婦」とは「陰と陽」の組み合わせ~

中島みゆきさんの歌にもありますよね?「糸」

一人が二人になり、糸が絡み合えば最強になります。

今越えられないと思える坂も、二人なら手を繋いできっと進んでいけますからね♪

june