五徳を大切に~

「想いがあっても、言葉にしないと伝わらない。

あなたの人生の主人公はあなた自身」

~作者不明~

 

 

五徳という言葉を聞いたことがありますか?

 

「仁・義・礼・智・信」の5つの徳を表し、儒教の教えから来ています。

 

仁徳・・・人を思いやり、いつくしむ心で~

義徳・・・善悪を心に問い、正義を貫く~

礼徳・・・礼節を重んじ~

智徳・・・知識と経験と洞察力をもって正しい判断をする~

信・・・4つの徳をもって初めて信じて疑わない己が出来上がる。

 

 

日本で受け継がれる「道」の道は全てこの「五徳」から成り立っています。

 

激しい「剣道」もそうですが、
静の代表「茶道」も同じです。

 

茶道では流れるような所作の中に大切な意味があり、
亭主と客、そしてそこに流れる空気もすべて意味のある出会いとなるのです。

 

四季を表す「木火土金水」もこの五徳に通じています。

根を張り、つぼみをつけ、花を咲かせ、実をつけそして又土にかえる。

人と無駄な争いをせずに心を静寂に保つ・・・

 

そのためには、「言葉」が必要です。

「剣道」も「茶道」も静寂の中に相手を感じながら、
必ず合いの手を入れていくのです。

「愛の手」を・・・

あなたが思う「想い人」に言葉を届けていますか?

 

hazu2